mikiriのつれづれ ~背伸びしない、自然にナチュラル生活~

永平寺全景


  • 子どもと遠出

スポンサードリンク

【福井旅行】パワースポット永平寺では5つの絵と巨大すりこぎをおさえよう♪

こんにちは。mikiriです。
少し遅い夏休みとして、福井に旅行に行ってまいりました。

一番の目的はさておき、福井に着いてまずどこに行こう?という協議の結果、
最初に行ったのは「永平寺」。

永平寺は、1244年道元によって開山された曹洞宗の大本山で、
今現在も、百数十名の修行僧たちが日夜修行に励んでいる場所です。
それでいながら、福井の代表的観光スポットでもあり、
毎日平均3000人の参拝客・観光客が訪れているそうです。

通用門に向かう道も、心地よいです。
通用門に向かう

入り口で参拝券を購入しましょう。
参拝券
自販機がございますので。さすが観光地!
参拝券自販機

靴を脱いで、袋に入れて持ち歩きます。
大広間にある地図と雲水さん(修行僧のこと)による説明で全体像を把握します。

まずは、傘松閣。
傘松閣
別名「絵天井の大広間」と言われるだけあって、広い広い広間の天井を230枚もの絵が埋め尽くしています。
この絵の中から、「鯉」「唐獅子」「栗鼠(りす」の5枚の絵を探し出すと願が叶うと言われています。
探すしかないでしょう♪

首が痛くなりますが、じっくり探します。
「寺なんてつまんな~い!」と不服顔だったチビも、絵探しに夢中。
見つかりましたよ~。
鯉(黒) 鯉(白) 唐獅子(青) 唐獅子(白) 栗鼠

七堂伽藍(僧堂、法堂、仏殿、大庫院、浴室、山門、東司)、承陽殿、と順路に従って回ります。

法堂は豪華絢爛!
永平寺 法堂

なんといっても注目すべきはピッカピカの階段。
長いピカピカの階段
長く続く、段が下向きにやや斜めになっている階段は、滑ってしまいそうなほど磨かれています。
清掃も大切な修行の1つなんだそうです。

柱にかけられたゴミ箱のたたずまい。
護美箱

山門から眺めた蓮の花。
蓮の花

「庫院」(台所)前に掛けられた巨大なすりこぎは、
3回撫でると料理やご機嫌取りが上手くなる
と言われているそうです。
この情報、もっと早くに知っておけばよかった!
その時は知らなかったので、遠くから眺めただけでした。
やたら人がいるな~、と思ったのですが、みんな、3回触りに行ってたのね。納得。

苔むす大木。いつからここに居られるのかしら?
苔むす大木

以前、曹洞宗系のNGOでアルバイトをしていたことがあり、
曹洞宗の若いお坊さんたちとお話しする機会が多くありました。
彼らが言っていた「永平寺」での「修行」って、ここで行われていたのね~、
と、ワタクシ、勝手にふむふむ頷いておりました。。。

一通り回ったら、お食事です。
永平寺の周辺にはいくつものお土産屋さんやお食事処がありますが、
今回、我々がお邪魔したのは、永平寺すぐ近くの山侊(さんこう)さん。
おろしそば
ゴマ豆腐付きおろしそば縁起物でもある「御利益だんご」をいただきました。
こちらのお店では、お食事&お買い物2000円以上で駐車場代が無料になります。
町営駐車場(500円)もありますが、どうせお食事お買い物もするんだし、、、
だったら、こちらに駐車するのがお得ですね。

パワースポットでもある永平寺。
是非一度どうぞ♪


永平寺

所在地:福井県吉田郡永平寺町志比5-15
電話番号:0776-63-3102
周辺に町営駐車場あり(1日500円)
民営駐車場(お土産購入やお食事で駐車料金が無料になる)も多数あります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



Pagetop 食事療法