mikiriのつれづれ ~背伸びしない、自然にナチュラル生活~

ヤマイモぬか漬け


スポンサードリンク

ヤマイモのぬか漬けはきゅうりに匹敵する旨さ!

こんにちは。mikiriです。
ぬか漬けネタ、手近なものは大体やってしまったな~、と思う今日この頃。
いかがお過ごしでしょうか?

さてさて、きゅうり、キャベツ、オクラ、ミョウガ、と漬けてまいりましたが、
昨日、ようやくヤマイモを漬けてみました。

ヤマイモを適当な長さに切り(今回は7センチぐらいに切りました)、
皮をむいて、縦に半分に切っておきます。

朝8時ごろぬか床に埋め込み、、、
夜7時ごろぬか床から掘り出しました。

かまぼこ風に切ってみました。
それほど色の変化も見られませんね。
ヤマイモぬか漬け
たべてみると、、、
生のヤマイモ独特のねばりとシャリシャリサクサク感はそのままに、
ぬか漬けの風味をプラス!

夏のおつまみとして、生ヤマイモを短冊に切って醤油をかけて頂く、
ということを時折やっておりましたが、
ぬか漬けにすると醤油いらず!
ぬかの風味がふわっと広がってうまい~!!
チビ5歳も、もりもり食べていたことは言うまでもないでしょう。

ぬか漬けナンバーワンはきゅうりだと信じて疑っていなかった私ですが、
ヤマイモ、その座を脅かすほどです!

ヤマイモは、中国では「山の薬」、日本では「山のうなぎ」と呼ばれるほど、
もともとのポテンシャルも高いんです。

ビタミンB1,ビタミンC、カルシウム、カリウムなどが豊富に含まれているうえ、
ムチンというネバネバ成分がタンパク質の吸収を向上させるとのこと。
夏バテにとろろいもを食べたりしますよね。
それもムチンが疲労回復に役立つからなんです。

ヤマイモは火を入れても独特の食感が楽しめて美味しいですが、
ムチンは熱に弱いので、生のまま食すべし!

などなど考えていくと、ヤマイモのぬか漬け、いいね~!!
暑さに負けず、ぬか漬け食べよう♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク



Pagetop 食事療法